7月16日の日記



こんにちは。


昨日、かなり久しぶりに(約一ヶ月ぶりか)町中心に出かけてみたら、
6月30日に解禁になったソルドが第二、第三マークが入り
割引率がさらに上がって安くなっていました。
このあたりから出かけるのが玄人?とばかりに物色。
ただ、まだまだ品は残っている様子です。
う〜ん、もう少し待つべきなのか。



さて、お買い物品のご紹介です。
ちなみに、
待っていたらなくなるのがアンティークです!




ひとつめ↓
b0167334_1652029.jpg

お菓子の型が好きなので、吸い込まれるように。
でも、こちらはちょっと違いますよ。
b0167334_165372.jpg

パタっと分解できます。
b0167334_1653359.jpg

ほれほれ、このように、底にひっかけて、くるっと掛けがねをまわすと
b0167334_16541789.jpg

じゃーん。立体の箱型に。
思うに、お菓子の型ではなく、テリーヌとかでしょうか。
中身が抜けにくいもの専用なのでしょうね。


○お問い合わせはこちらへmail@mano-amano.biz



バラ好きな方へ↓
b0167334_16561768.jpg

アルミ製のふきんかけ、ですね。
本来は素敵なネーム?があるんでしょうが、日本語しかわかりません。
b0167334_1657631.jpg

お皿系洗い物vaisselleやガラスものverres、
b0167334_16581353.jpg

ナイフcouteauxに、お手てmains、と、それぞれ専用のふきんをかける、ってわけ。
そんなこと、本当にしていた?んでしょうか。
実際のフランスのお宅にかけてあるふきん、本当にキタナそうですよ。


余談ですが、
bioの見本市に出かけたとき、お腹が空いたので露天で出ていたクレープ屋さんで
お茶を頼みました。でね、ほら、bioだから紙コップなど使わないわけですよね。
そして、おやじが「カップカップ〜」と言いつつ、前の客が飲んだカップを
その仮の洗い場でさくっと水を流し(洗ったつもり?)、カップをふいた。
その行為を眼にしたわたし、口から出そうになった言葉は、
そのふきんで拭きますか〜?
そんな、ぞうきん化したグレー色になったふきんです。
当然、お腹こわしました。ま、これのせいとも言い切れぬが。


ということで、
おそらく、仏蘭西人の夢の産物の<ふきん掛け>。
○お問い合わせはこちらへmail@mano-amano.biz


b0167334_175939.jpg

ラブリー♡です。


にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by a_mano-a_mano | 2010-07-16 17:11 | アンティーク

フランス暮らしの好きなもの


by a_mano-a_mano
プロフィールを見る
画像一覧