<   2009年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

クロいワンにゃん



こんにちは。

今日はエラく冷えているフランスです。
そういうわけで、お洗濯はやめ。
明日、南仏住まいの友人がこちら方面に来るので(ご主人の実家がこの地方)
彼女にあげる日本の雑誌〜と、数ヶ月ぶりに、未開の地(本棚と思っている場所)に
探訪の旅に出ました。


そうしたら、こんなものが〜。
b0167334_0323058.jpg

「ボク、可愛い?」、画伯のコメント!?入り。

コレコレ、このシリーズ、
ずっと探していたのよね〜、
というのは正確ではなく、どこ行ったの?程度です。
しかも、壁の隙間に落ちてたあたり‥。



b0167334_0352649.jpg

「僕たち仲間!」
黒いネコと黒い犬、どちらも大好き。なぜ?


b0167334_0363282.jpg

「なあんてヤなヒモ」


b0167334_0371978.jpg

「○○ならどいてよ」
さて、○○は何でしょう?

クイズの応募方法は下記の‥
‥というのは冗談ですが、
実は‥読めない、のであります。
フランス人の直筆って難しいのよー解読が。
なのに、フランスの人はわかるのよね〜なぜ?



さて、手描き水彩画が無事に見つかったところで、
次は古いものの本を読んで少しばかりお勉強をしました。
少しお利口になった気分!

ま、読むったって(笑)、雰囲気ですよ、ニュアンスのみ!?を読み取っています。
オリジナル読心術よ〜。



b0167334_0412281.jpg

最近購入したばかりのレースたちを手洗いし、アイロンもかけてみました。
でも、アイロンかけたら、ちょっと平になってしまった。
もしかして、必要なかった???
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-30 00:46 | アンティーク

チェコから来ました



こんにちは。
今日は晴れ間続きのちょっぴり肌寒い日。
ただし、気持ちはうんと上昇中〜。



あれ?、まだまだいました、こんな兄弟が!
b0167334_037481.jpg

僕たちはチェコから来ました。
ついでに、お砂糖入れや小麦粉入れも一緒にいたんですが、
帽子(ふた)はすでにありませんでした。

いや、あったんですが‥お買い上げ決めて紙にまきまき梱包していると
おじさんがズボンのボッケから(そのように感じました)
2個だけふたをくれました。

ひとつは、傷ヒビだらけ〜。
もうひとつは、どのサイズにも合わない!じゃん。

けれどね、よく見ると、愛嬌がありますよ。
口のあたりのカーテン模様みたいなレロレロが特に。
(&フランス色ではないあたりも)
ああ、4兄弟と4姉妹(ふたなし陶器缶)、
まとめてお買い上げしたのは、はるかいつの日か。


ああ、またしてもー。まだまだ荷物はてんこもり〜、ざんす。


でも気分がすっきりしたので、今日は郊外のがらくた店へ。
そこで、先日書いた、南仏でボタン買いのおじさんからいただいた
西暦1600年のお菓子缶(ウソです)と同じ種類が、
破格値で売っていました(無駄に高くてビックリ!)。

こんなの誰が買うかよー、と、意地悪なわたしは一瞥して帰って来ましたが、
家について、缶に向かって、即、合掌。ありがとう、おじさん。


b0167334_0413460.jpg


それではまた明日!(は、あるのか?)
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-29 00:46 | アンティーク

ちょっと不思議な



こんにちは。


ちょっとばかり不思議だけど、可愛いものを発見!

b0167334_5381435.jpg

これは、何でしょ?
タネの袋にこんな図柄がありましたね〜。
でも、袋じゃない?
何だろー?


そしてこちらは?↓

b0167334_541246.jpg

よく見ますと、パリのデパート、ボンマルシェとありますよ!!


b0167334_5415514.jpg

でも、パリ、じゃないみたい。
ぶざんそん? 調べてみたら、フランス東部、とありますよ〜。

そいでもって、新着品、皆さんのソワレ用のお洋服、タピスリー、なんでもあるでー、と。
(そんなニュアンスでしょうか?)

これは広告の何かなんだろうなあ、と思いつつ、一体コレをどうやって、
どのように、使ったんか、ソレが知りたい!

ちなみに、タネの紙も、ボンマルシェも、サイズはトランプのカード大。
ちなみに、タネの紙、ゴミを取ろうとよいっとこすったら、
破れました(涙)。うすいんだー。


そして最後に最も不思議な体験は

b0167334_5473753.jpg

南仏で箱ごと買った赤系のボタン。
おじさん、「1600年って書いてあるぞ」と缶箱も一緒に。
全くいらねーと思いましたが、気を改めて、ご好意に甘えました。

そして赤い子たちは、今まで、冬の極寒にも秋の木枯らしにも夏の豪風にも
耐えて来たらしく、箱の中はホコリとたまに綿毛も入っていて、
ちょっと汚れっこたちでした。


で、ちょっとアラッチャエー、と洗いました。
が、拭いたタオルに赤い汁?え?
どこからか、アンモナイトのにおい?は?


b0167334_5555730.jpg



ボタンが色付きだってこと、
ボタンが匂い付きだってこと、
今まで知らなかった〜。

ということで、不思議な子たちでした。
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-28 05:57 | アンティーク

雨なので‥



フランス、雨降りの日曜です。
蚤の市はおろか、ちょっと町外れのフリマ(毎年楽しみにしています)に
行くのは今日はお休み。
フランスの雨はさらさら、なんですが、雨降りはやっぱり効率も悪いし、
体に悪い?ってことで、
久しぶりにゆっくりの日曜でした。


ということで、先週のお買い物をご紹介しますね〜。


b0167334_0485372.jpg

一番上のお魚、とっても好き!でついつい買ってしまいますが、
ずっと何に使うのかなーと思っていました。
パイかな、ゼリー寄せみたいのかな(お腹の部分に支えがあった場合があったので)。

今回見つけたところが、顔見知りのおじさんだったので他のと合わせていくら〜?と
聞くと、思いがけないお値段(おじさんにしては)。
「たけー」と言うと、「だってこれショコラの型だぜい」って。

あっつ!そうなの?ホントかね。
意外に簡単な答え‥どうしていままで思いつかなかったのかしら〜。

もし、本当にショコラの型だとしたら、お魚の表面につら〜っとショコラを流し、
固めて、魚の形(お腹は空洞)をふたつ取ります。
そして、ふたつを合わせて‥中にはちびショコラを入れる場合も。

パック(復活祭)にはお魚ショコラ、現代でもたくさん出ます。
が、こんなデカイ、鯉のようなものは見たことないぞー。


そして右下の、緑の看板のようなもの。
下に木製のロールが付いていますね。紙巻き、だったんじゃな〜い?とおばさん。
ピン!と来ましたよ〜。
トイレットペーパー巻きにするために、トイレ改造しないと。


b0167334_055523.jpg

子供ちゃんの教材用、ハンコ。
一応、フルで揃っている、みたい?
あ、そうそう、コレと魚で、おじさんに「たけー」と言ったんだったわ。


b0167334_057667.jpg

謎のものも、ゴソゴソと。
さて!クエスチョン!
この中で「コレはいいよ」と売り手の兄さんが言ったものがあります。
ど〜れだ!?


b0167334_0581689.jpg

ラブリー缶もちゃくちゃくと?!


というわけで、フランスの雨の日曜に出掛けるわけもなく、
せっせと荷詰めをしていました。
狭い部屋でつめつめ作業は、徐々に息苦しくなってきます。
やっぱり熱が発散されるんですね〜。

でも、窓の外は雨。
さーて、マカロンでもつまんで一服するか。
b0167334_0584918.jpg



って、休んでいる場合ではないんだった。
そろそろ日本出発なので、焦り心が出たり引っ込んだり。
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-27 01:05 | アンティーク

いつの日からか‥



こんにちは。
冴えないお天気のフランス、週末です。




b0167334_252360.jpg

こんなのや
b0167334_2525221.jpg

こんなので、


そう、いわゆる白い布系、カットワーク系、になります。


おっと、こんなのもあり↓
b0167334_253443.jpg



ところで、先日、南仏に行った時のことですが、ふつうのマルシェで、
古いブラウスやペチコートなどを売っている方がおりまして、

ペチコート!値段を見たら、
家宝か?というくらいの値段が付いていました。
あれはビックリでしたね〜(しかもこっちの方が断然素敵なんですって!)。


今さら気づいたド素人なのですが、ペチコートは特別、お値段が高いんです。
なぜ?なのかしら?!?
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-26 02:57 | アンティーク

南仏旅 番外編



こんにちは。
お天気が続くフランスです。

今回は南仏旅の番外編‥まだあったのか‥とお思いでしょう?
が、こちらで終了致しますので、番外というだけあって‥と
感じてもらえれば嬉しい?!。


では、アタ〜ック!

b0167334_18491992.jpg

チューリップの花の蜜に誘われて、花粉に埋もれて息絶えたハチ。


b0167334_18502053.jpg

さくさくっ!と、美味しそう〜。


b0167334_1851095.jpg

くんくん? 楽しいものグッズがありそうだぞー。


b0167334_1852816.jpg

ぴょこん!と、ウサギのランプ。あなた、こんなところにもいたのね〜。


b0167334_1853116.jpg

かごかごかご〜南仏行ったら、ひとつは買わなきゃ。


b0167334_1854792.jpg

するっと通り過ぎようとして、殺気? いや、生き物の気配が?

ズームアップ!!
b0167334_18551074.jpg

アタシ留守番ネコよ、飼い主はお昼を食べに出掛けちゃって、アタシひとりでお留守番なの、
って言っているかどうかはわかりませんが、
一瞬、招き猫が南仏に存在するのか?と思うほど、微動だにせず!です。

b0167334_18571114.jpg

つーか、眠いんだニャー。
犬は飼い主が側にいないとダメ!と思いますが、
お留守番&店番できるのはやっぱり、ネコだから?


さて、もう帰ろうっと、ふと最初の地点の広場に戻ってみると、
b0167334_18584654.jpg

あの、棒の先にあるものは、何ぞや?


b0167334_1859568.jpg

それは張り付けになったイエス・キリスト、でした。
奇しくも本日は、イエスが十字架に張り付けの刑になった日だそうな。
もしかして、呼んだ?(呼んでません)
合掌、いや、アーメン、だね。


あっ、こんなとこにも、置きネコ↓
b0167334_1932934.jpg

南はネコが多いのか?
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-24 19:04 |

欲しいものがいっぱい



こんにちは。
ちょっとぼんやりしていたら、日にちがやたら進んでいました。
今日からまた真面目に更新、できるかな???


ところで、かなり夏に近づいた感のあるフランスですが、
ふとスペイン生まれのお洋服のお店(今は洋服だけでなく<HOME>もありますが)
流行追っかけのお店
その名も「zaraザラ」へ寄ってみました。


する〜っと、ざあ〜っと流れるように壁伝いに歩いてみると、
ハンガーにかかって「ホラこれ見て〜買いなさい〜」とでも語りかけるようにあった品、
それが、白コットンのスリップ型、コンビネゾン型、胸元に刺繍なんてあったりして

そうそう、こんな感じがた〜くさん↓
b0167334_4503866.jpg


ひやー全種類、買いたいくらいでした。
が、ちと待てよ。
これはわたしが蚤の市で一番に欲しい品の現代版、ではないか?


b0167334_4514135.jpg

そうなのー流行なのー、と、納得しつつ買わずに帰り(お小遣いないしね)、
少しばかりストレス溜まった感じ‥。


でも、わたしはこっちの方がいいような気も‥。↓
b0167334_452948.jpg


小学生くらいの女の子用シャツ。
ああ、このくらいの時代に戻りたい?!
(でも、大人女性でもこのブラウス、着られますよ〜)


あ、もっと好きなのはこっちだったかも‥↓
b0167334_4533777.jpg


何をするわけでもないんですが、単に‥ファンってやつ、ですが。
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-23 04:57 | アンティーク

お茶と、お菓子と、フランスアンティーク



せんせい〜、アリスのティーパーティーの衣装が揃いましたよー。

b0167334_2073866.jpg


足下も可愛いんだからー。

b0167334_20914.jpg

うさぎさんを想像しちゃいませんかー。


初めて夢工房先生に「アリスのティーパーティー風なお茶会を」とお願いした際、
せんせいは「コスプレなの?だめだめ、だめー」と言いながら、
早速、大人アリスの白ブラウスを購入していただたいたようです(笑)。
こんなお茶目な先生とご一緒できるなんて、今からワクワク。
皆さんもどうぞいらして下さい!


ちなみに、こちらはフランスの古い下着ですが、サイズが大きいものがあるので安心?
ほらね、こんなのも↓
b0167334_2093369.jpg



ま、冗談はこのへんでおしまいに。
あまり書きすぎると、ホントにコスプレお茶会なのか?と
サイズを気にする方も多いかもしれないですからね、やめておきます。
純粋な?お茶会です。コスプレはありませんので、ご安心を!!


さて、詳細はこちら↓

 『お茶と、お菓子と、フランスアンティーク 
       les reves de la petite Alice アリスのラズベリー色の夢』
 開催日時:6月3日(水)4日(木)5日(金)の3日間
 *お時間:午前/10:00〜12:00 午後/2:00〜4:00
 開催会場:水戸市元吉田1143-11 夢工房
 会費:お一人様1500円  
*各日時、定員になり次第締め切りとさせていただきます*


上記のお茶会では、夢工房さん制作のお菓子と合わせて、フランスのお茶がいただけます。
そして、私が調達する予定のお茶でしたが‥ついに、決定致しました。
それはこちら↓
b0167334_20175439.jpg


なんつうか、ハートのパッケージが可愛いでしょ?
パッケージって、あなた、味?あじはどうなの?
それはこれからの試飲次第ってことで‥?!(おいおい)

いずれも、お花と果物の香り付きのお茶で、紅茶ベース3種と緑茶ベース1種です。
春なので(開催は初夏ですが)フラワー&フルーツの香りを楽しんで下さい!


ちなみに、次は南仏で購入したハーブティー。
これは癒されますぞ。
が、すでに飲んでしまっていますので、こちらは持ち込めるだけで勘弁。
b0167334_20225973.jpg



他に、フランスの有名どころのお茶も用意する予定です。
お茶会の実際の内容は、いらしてみてのお楽しみ!
お菓子とお花、フランスのお話などあるか?と思います。

また、先生のご自宅を開放していただきますので、
人数に限りがありますゆえ、連日ご予約制とさせていただきます。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております!!
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-20 20:37 | お知らせ

久しぶりの陶器?



こんにちは。
今日のお買い物状況です。


b0167334_20525243.jpg

ボウルの大小。
左側はリモージュ。右はおなじみディゴワン&サルグミンヌ製。


b0167334_20542999.jpg

いつか、このシリーズのデザート皿が欲しかったんだよね〜。
って、自分のものになるわけではないんですが。


b0167334_20552398.jpg

ぽってりガラスものもさくさく?と。


b0167334_20561638.jpg

水玉ホーロー好きですが、カップ型は初めて購入。
いつものおばさんのスタンドですが、めちゃ高いのでブツブツと交渉。
でも水玉は好きなんだよなー、と言うと、おばさん「わたしもよ」。
ウソだー。そんなの初耳だー。
で、交渉不成立です。‥って、結局、買いましたが。


b0167334_20585611.jpg

これはなんでしょーと見ていたら、おじさんが「それ!それはいいよ」と言ったので、
ついお値段聞いてみましたら、
意外なお値段でつい購入。
b0167334_2104088.jpg

シミはあちこちあるものの、欠けはない、ってことでね。


b0167334_212347.jpg

これもおばさんのところでたまたま目に入った品。
いつの時代ねん?という問いに、おばさん「‥うーん‥1900年代だわよ」
‥おばさん!それはわかる。


ということでね、皆さん!
時々、この知識のないわたしと知ってか知らぬか、コワいもの知らずなのか、
「いつ頃の時代ですか?」と尋ねる方がいらっしゃいますが、
現場の返答とはこんなものですのよ。
ま、自分で勉強するしかない、ってことですが。


でもって、今日は何人かに「コレは何?」とも尋ねてみましたが、
ひとりは(おばさま)まだ良かった「紙巻き、じゃない〜?」、
ひとりは(おやじ)「んだから、布だっつーの(今、言っただろ、という感じ)」。
そーでしょーねー布よね、コレ。あなたに質問したのが間違いでした。
こんなやつから買いたくないね、と思いつつも買いましたが。


b0167334_218880.jpg



ということで、気づくと陶器ものガラスものが増えていたマイバッグ。
気候も良く、蚤の市日和。
蚤の市に行く時にひとり、帰りがけにひとり(といってもどちらも車に同乗者あり)から
「蚤の市はどこー?」と聞かれました。

朝は「マダム」と呼ばれ、帰りは「マドモワゼル」って呼ばれたぞ。
どちらも背後から。
時間がたったのに、若くなった?
あ、そうだった、朝は髪を上げていて、帰りは下げていました。
フランスだと、女性なら髪は長い方が何かと有利(覚えておいて下さいね)。
もちろん、対、男性に限定。
で、最後には、マルシェ(食べ物関係の)はどこよ?って聞かれましたが。
それは、バゲット片手にこんもりとしたマイ車(カート)をガタガタ転がしていたから。
こいつ、よっぽど食いしん坊と思われたか。
つーか、みんな、目的の場所は自分で復習して来ようよ!
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-19 21:24 | アンティーク

南仏旅その3



こんにちは。
懲りずに3日目、南仏旅の様子のご紹介です。


b0167334_19292483.jpg

こちら、もと修道院の建物を利用したビストロでございます。
(ちょっとボケててスミマセン。やはり、店内は暗いのが決まりでして)
端っこの方がまあるくなっていますよね。
よく見えませんが、天井もくぼんでいて、まさにドーム、祈りの場!?

b0167334_19313035.jpg

なんつっても、この、さんでりあ、がいいではありませんか。
持って帰りたいくらいですわ。

b0167334_19323315.jpg

なかなか凝った作り。
奥には小さな中庭があります。(こんな住まいは、夢!)


時間は昼時。
もう12時過ぎていますが、だーれもお昼を取ろうとしない雰囲気。
わたしはむしょーにお腹がすいて来まして(朝カフェも飲んでないし)、
先日のブログのアンティーク満載のお店にするか、
こっちにするか悩みまして。


第一印象、ファーストインプレッション、ってやつですか?
この村に入ってすぐに見っけたお店がこちら、でした。

なぜに目に入ったか。
それはかなり簡単でして、店先にこ〜んな風に甘い誘惑が〜

b0167334_19371068.jpg
b0167334_19372652.jpg
b0167334_19374534.jpg
b0167334_1938348.jpg


こちらは店内側から撮影しましたが、表からガラス越しに見えます。
そしてケーキだけ買う事も可能。
なんつうか、清里高原のクレープ売り屋台みたいな感じ、です。
(ちゃんとしたお店ですが&清里高原行ったことないし)


ということで、わたしはなんだか、みょーに日本っぽいと感じました。
が!肝心のケーキお味見会をしておりません。
お昼を取り(軽かった)、カフェを飲んだら(たっぷりだった)、
もうええわい、となりまして、
ええ〜味はどうだったの?
‥ミルフィーユ食べたかった。
(わたしの後から入った常連親子のお兄ちゃんが食べていた‥)


お店の住所を明記しておきますので↓、
サン レミ ドウ プロヴァンスへ行かれる際にはチェック!

Bistrot Traiteur
L‘Aile ou la Cuisse 
5 rue de la Commune
Saint Remy de Provence

店名は「手羽か、もも肉」という意味ですので、
お食事もできます、つうかビストロなんで、そちらメインか?
ちなみに、お昼メニューはかなり普通のお味でした。

午後はお茶とケーキでなんたら〜セット、というのもあったよう。
ちなみに、入り口ドアにミシュランシールが貼ってありましたので、多少は有名なのかも。


b0167334_19451232.jpg

トイレも素敵でしょ?
自分の座った姿、横向きになると全身見られます(笑)。
[PR]
by a_mano-a_mano | 2009-04-18 19:52 |

フランス暮らしの好きなもの


by a_mano-a_mano
プロフィールを見る
画像一覧